火の手、窓伝いに一気か 労働集約型で机ぎっしり 京アニ火災

毎日新聞 / 2019年7月18日 20時38分

「京都アニメーション」第1スタジオの火災で、1階から燃え広がった火の手はあっという間に3階建てのビルを包み、犠牲者、被害者の大半は2、3階に集中した。日本火災学会長を務める早稲田大の長谷見雄二教授は「ニュース映像を見る限りだが、大きな窓がある南壁面の燃え方が激しいようだ。火の手は窓伝いに上層階へ広がった可能性がある」と分析する。耐火構造の建物の場合、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング