ファンや住民ら「悔しくて」「なんてひどい」花束手向け 京アニ火災

毎日新聞 / 2019年7月19日 11時18分

京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで発生した放火事件から一夜明けた19日、現地には朝から花束を手にしたアニメファンや住民らが次々と集まった。「もっと作品を作りたかったのでは」「業界を背負っていく人たちだったのに」――。周辺は悲しみと祈りに包まれた。一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング