関空、国際線到着客が出国エリアに入り一時保安検査ストップ

毎日新聞 / 2019年7月23日 21時6分

関西国際空港の国際線ターミナルで23日、到着した客が誤って別の国際線出国エリアに入った。航空法に基づき、出国エリア内に他に到着客が紛れていないかを確認するため、出発便と保安検査場を約45分間、ストップさせてチェックしたところ、計27人が紛れていたことが判明した。このトラブルで国際線の出発便6便が最大で1時間43分遅れた。関空を運営する関西エアポートによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング