1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕

毎日新聞 / 2019年7月24日 11時30分

営業権利を失ったにもかかわらず禁止地域で性風俗店を続けたとして、警視庁保安課は24日、風俗店責任者、神山了(さとる)容疑者(57)=東京都江戸川区=ら男3人を風営法違反(禁止地域)の疑いで逮捕したと発表した。神山容疑者が実質経営する板橋区と足立区の2店舗は、1984年の同法改正時、経営者の男性が届け出て1代限りの営業が認められていたが、男性が死亡したことを隠し営業していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング