超大型の台風10号、九州・四国に上陸の恐れ 西日本縦断の見込み 気象庁、警戒呼び掛け

毎日新聞 / 2019年8月13日 19時56分

気象庁は13日、臨時記者会見を開き、超大型の台風10号がお盆期間中の14~15日に九州や四国に接近・上陸し、西日本を縦断する見込みだと発表した。紀伊半島から四国の太平洋側を中心に激しい雨が降り、降り始めからの総降水量は多い所で1000ミリを超えると予想している。15日は大潮とも重なるため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング