芭蕉と妖怪、接点は? カッパの像も 山形で展覧会

毎日新聞 / 2019年8月19日 8時57分

真夏に涼を呼ぶ企画展「妖怪展―不思議・幻想・怪奇の世界―」が山形市の山寺芭蕉記念館で開かれている。俳人・松尾芭蕉が「奥の細道」で妖怪伝説について触れた一節が紹介されているほか、カッパの像や妖怪のお面、怪談作家の取材ノートなども展示されており、訪れた親子連れらが時代や作家によって異なる妖怪の姿に見入っていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング