北九州市 韓国姉妹都市の行事に招かれず 

毎日新聞 / 2019年8月20日 10時22分

北九州市は19日、韓国・仁川広域市との交流事業など3事業の参加の取りやめ、中止を発表した。日韓関係の悪化が主因とみられるが、今後も都市間での交流は続けるという。取りやめは1988年の姉妹都市締結後に相互訪問などして関係を築いた「仁川市民の日」の記念式典への参加。今月16日に北九州市の担当者が仁川広域市に電話確認したところ「招待予定がなくなった」と告げられた。9月に韓国・茂朱(むじゅ)郡で開催予定の「ほたるシンポジウム」の韓国側主催者は今月7日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング