エフエム東京が「粉飾決算」を発表 3年間で11億円の営業損失か

毎日新聞 / 2019年8月21日 20時48分

エフエム東京(東京都)は21日、2016年に開始した新しいデジタル放送事業の赤字を隠すため、損失を抱えた子会社を連結対象から外す粉飾決算があったと発表した。同社は連結決算の訂正手続きを進めているが、16~18年度の3年間で計約11億円の営業損失が新たに生じるとしている。記者会見した黒坂修社長は「公共性の高い放送事業者としてあってはならないこと」と謝罪した。会見によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング