飲酒運転事故 日中が4割 夜間は75%減少 福岡では昼夜逆転も

毎日新聞 / 2019年8月25日 17時26分

全国の飲酒運転事故の4割が日中(午前6時~午後5時台)に発生し、その割合が年々増加傾向にあることが警察庁のまとめで判明した。厳罰化などにより飲酒運転事故の全体数は大幅に減っているが、夜間に比べ日中の減少幅が小さく、相対的に日中の割合が高まっている。昼間でも飲酒運転をするアルコール依存症患者や規範意識の薄いドライバーが一定数いることが背景にあるようだ。警察庁によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング