カラフトマス2500匹大量死 北海道、1.5キロにわたり死骸

毎日新聞 / 2019年9月12日 8時41分

北海道斜里町の奥蘂別(おくしべつ)川と支流の海別(うなべつ)川で、産卵のために遡上(そじょう)したと思われるカラフトマス約2500匹が死んでいるのを町内のサケ・マスふ化場職員が発見した。前例のない大量死で、町は酸欠など自然現象によるものか人為的な原因かを調べている。8月30日、二つの河川の合流地点付近の計1・5キロにわたり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング