見えない後遺症(下)高次脳機能障害の診断が「職場復帰」の決め手に 手帳を「お守り」に奮闘

毎日新聞 / 2019年9月16日 8時30分

2009年1月に難病「抗NMDA受容体脳炎」を発症した石崎美香さん(37)=茨城県つくば市=は、病気のメカニズム解明から間もなかったために、適切な治療を受けるまで8カ月を要したが、治療・研究の第一人者である北里大学病院の飯塚高浩医師の診察を経て意識を回復した。翌10年6月、リハビリ専門病院を退院し、早期の社会復帰を目指して、ハローワークから紹介された事務系職場に勤めたが、ことごとく長続きしなかった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング