豚コレラ「ついに来た」 養豚農家に不安の声 埼玉

毎日新聞 / 2019年9月15日 9時35分

埼玉県秩父市の養豚場で飼育されていた豚が豚コレラに感染していたことが判明し、県は14日、殺処分や消毒など封じ込めの対応に追われた。県内では約85戸の養豚農家が約9万頭を飼育しており、「ついに来た」などと不安の声が上がっている。この養豚場では753頭が飼育されており、県は13日午後から夜通しで殺処分を進めた。16日まで清掃や消毒を行う。また養豚場に通じる道路には消毒ポイントを設けた。さらに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング