仲邑初段 公式戦での初の男性棋士対戦で勝利 十段戦予選

毎日新聞 / 2019年9月16日 18時51分

囲碁の最年少棋士、仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)は16日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で打った第59期十段戦予選で古田直義四段(50)に235手で白番1目半勝ちした。公式戦では初の男性棋士との対戦で、7大タイトルの予選も初登場となったが、粘り強く打ち進めて逆転勝ちした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング