ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

毎日新聞 / 2019年9月19日 11時29分

石川県加賀市内のファミリーマートで今年6~7月、男性店員が市民税など8件で計約12万円を着服していたことが同市への取材でわかった。市税料金課によると先月22日、「納付したのに督促状が届いた」と市民から問い合わせがあり発覚。収納代行業者に調査を依頼したところ、同27日に文書で中間報告の回答があり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング