千葉の旅館やホテルにも大打撃 建物被害、相次ぐキャンセル 台風15号

毎日新聞 / 2019年9月23日 19時56分

台風15号の上陸から23日で2週間。千葉県南部の旅館やホテルが大きな打撃を受けている。屋根が飛ばされるなどの建物被害に加え、予約のキャンセルが相次ぎ、廃業を考える施設もある。房総半島最南端の野島埼灯台近くにあり、今年で創業100年の節目を迎えた南房総市の老舗旅館「紋屋(もんや)」では23日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング