「表現の不自由展」再開2日目は入場枠3.5倍に 第三者検討委は河村・名古屋市長をヒアリング

毎日新聞 / 2019年10月9日 22時41分

全面再開した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」は9日、企画展「表現の不自由展・その後」をツアー形式で鑑賞できる定員を1日6回各35人とした。2回のツアーで定員が計60人だった再開初日の8日に比べ、入場枠が3・5倍に拡大。1500人の応募者に対する倍率は7倍となり、前日の23倍から緩和した。芸術祭実行委員会(会長・大村秀章愛知県知事)の事務局によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング