「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

毎日新聞 / 2019年10月14日 22時38分

住宅街が広範囲に浸水した福島県本宮市本宮では、14日朝までに水が引いた。町は粘り気の強い茶色の泥で覆われ、歩くと足を取られた。木々や標識が折れ曲がり、マンホールから水が噴き出していた。この地区では、1階部分が浸水した住宅の中から、相次いで遺体が見つかった。阿武隈川が氾濫、支流の安達太良川の堤防が一部決壊したため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング