政府、除染土11袋の流出を確認 台風19号被害の福島・田村と飯舘村

毎日新聞 / 2019年10月15日 10時59分

台風19号に伴う豪雨や河川の氾濫に伴い、福島県田村市と飯舘村の仮置き場に保管されていた東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土を詰めたフレコンバッグ11袋(計11立方メートル)が下流に流出した。環境省が15日、毎日新聞の取材に明らかにした。同省によると、フレコンバッグは田村市都路町で10袋、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング