気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

毎日新聞 / 2019年10月15日 19時22分

気象庁は15日、全国で甚大な被害をもたらした台風19号の名称を定める方針を決めた。台風に名前を付けるのは1977年の「沖永良部(おきのえらぶ)台風」以来42年ぶりとなる。当面は19号の表記を使い、来年5月までに定める。気象庁は昨年、台風の名称を定める基準を「大規模損壊1000棟以上、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング