「支柱も無意味」「気持ちが揺らぐ」リンゴ産地・長野 壊滅的被害 台風19号

毎日新聞 / 2019年10月15日 20時56分

台風19号で千曲川の堤防が決壊し、浸水被害を受けた長野市の地域は、県内でも有数のリンゴ産地だった。農林水産省によると、長野県の2018年産のリンゴ収穫量は14万2200トンで青森県に次ぐ全国2位を誇るが、農園や農機具が水没するなどリンゴ農家は壊滅的な被害を受けた。決壊現場から約500メートル西を南北に走る国道18号は「アップルライン」と呼ばれ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング