熊本から職人助っ人 ブルーシート張り「地震支援の恩返し」 千葉・台風15号

毎日新聞 / 2019年10月16日 9時53分

台風15号で多くの住宅が被害を受けた千葉県館山市内で、熊本市で工務店「昭和工房」を経営する永田和久さん(40)が、瓦職人らとともに壊れた屋根へのブルーシート張りに奮闘している。この3連休も、台風19号で吹き飛ばされた屋根のブルーシートを張り直して回った。「(2016年4月の)熊本地震では全国から応援をもらった。少しでも恩返ししたい」。今後も瓦職人らとともにボランティアで支援を続けるつもりだ。台風15号が通過してから1カ月たった9日。永田さんは2人の瓦職人とともに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング