行方不明の両親、捜索見守る長男ら 土砂崩れで家跡形なく 相模原

毎日新聞 / 2019年10月17日 11時20分

台風19号による豪雨で土砂崩れが多発した相模原市緑区。同区牧野では、土砂に巻き込まれた民家の60代夫婦の行方が今も分かっていない。土砂崩れがあったのは12日夜。災害医療分野で生死を分けるとされる「72時間」は過ぎた。それでも家族らは、固唾(かたず)をのんで警察や消防などによる捜索を見守っている。行方不明となっているのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング