炭鉱跡「赤毛のアンの町」30年の歴史に幕 地元「踊らされた」 北海道

毎日新聞 / 2019年10月19日 9時29分

北海道芦別市のテーマパーク「カナディアンワールド公園」が20日、1990年7月の開園以来、約30年の歴史に幕を閉じる。開園時は30近くあった展示販売施設は現在、美術館など3、4カ所に激減しており、関係者は「閉園状態が長年続き、施設の老朽化が進んだため」と説明している。同公園は三井芦別炭鉱の閉山を控え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング