東日本の太平洋側、大雨や土砂災害に警戒を 竜巻や落雷のおそれも 気象庁

毎日新聞 / 2019年10月22日 9時27分

台風20号から変わった温帯低気圧の影響で、東日本の太平洋側を中心に22日昼前にかけて非常に激しい雨が降ると予想されることから、気象庁は土砂災害や河川の増水などへの警戒を呼び掛けている。台風20号から変わった温帯低気圧が紀伊半島の南にあって、前線が伊豆諸島を通って日本の東にのびている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング