神奈川県警サイバー犯罪捜査課、個人情報39人分流出 盗難車から見つかる

毎日新聞 / 2019年10月22日 10時8分

神奈川県警は21日、サイバー犯罪捜査課の50代の男性巡査部長が39人分の個人情報を含む捜査資料の写しを紛失していたと発表した。事件の供述調書(33枚)とクレジットカード情報32人分の一覧など書類計64枚。都内で発見された盗難車のトランクから見つかった。県警は個人情報が含まれていた39人に電話連絡をして謝罪した。流出による被害は確認されていないという。同課によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング