災害ごみ、処理めど立たず 茨城県内の仮置き場山積み 「回収しても出てくる」

毎日新聞 / 2019年10月23日 10時37分

台風19号の大雨で浸水した住宅から出る家具などの「災害ごみ」が、茨城県内の仮置き場に山積みとなっている。被災した各自治体では、災害ごみの総量を推計できておらず、すべてのごみの回収や処理の見通しは立っていない。【佐藤則夫、鳥井真平】久慈川が氾濫して浸水被害を受けた常陸太田市松栄町では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング