自治会長、"協力金"詐欺 容疑で再逮捕 落札業者に「地区のため」 和歌山

毎日新聞 / 2019年10月24日 9時22分

地元自治会への協力金名目で公共工事を請け負った業者から現金をだまし取ったとして、和歌山県警和歌山西署などは23日、和歌山市三沢町2の芦原地区連合自治会長、金井克諭暉(よしゆき)容疑者(63)を詐欺の疑いで再逮捕した。捜査関係者などによると、金井容疑者は長年、複数の業者から「協力金」を受け取り、和歌山市役所職員らはこうした事態を把握しながら、放置してきたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング