東京・東久留米殺人、男性の死因は心臓刺され失血死 8日未明に襲われたか

毎日新聞 / 2019年11月9日 21時29分

東京都東久留米市の住宅で住人の会社員、二岡一浩さん(55)の遺体が見つかった強盗殺人事件で、司法解剖の結果、二岡さんの死因は心臓を刺されたことによる失血死だったことが警視庁田無署捜査本部への取材で判明した。二岡さんが倒れていたベッドに血痕があり、捜査本部は就寝中に襲われた可能性があるとみて調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング