工藤会本部の売却 4000万円を被害者救済に補充

毎日新聞 / 2019年11月12日 3時0分

北九州市小倉北区にある特定危険指定暴力団「工藤会」の本部事務所の売却で、福岡市の民間事業者への売却額1億円のうち、事務所の解体費用などを除いた約4000万円が工藤会関係者による事件の被害者賠償に充てられることが、関係者への取材で判明した。12日に正式な売買契約が結ばれ、解体工事は今週末にも始まる見通しとなった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング