竜巻発生から1カ月 壊れた屋根いまだそのままに 千葉・市原

毎日新聞 / 2019年11月11日 21時57分

台風19号の影響により、千葉県市原市で竜巻が発生してから、12日でちょうど1カ月を迎える。竜巻は先月12日午前8時ごろに市原市の永吉地区で発生し、軽乗用車に乗っていた男性(50)が死亡、8人がけがをして、住宅約90棟に被害が生じた。銚子地方気象台では、竜巻は風速約55メートルで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング