遺族「日付だけ過ぎた」相模原で女性遺体発見、夫の捜索続く 台風19号1カ月

毎日新聞 / 2019年11月11日 22時49分

10月の台風19、21号の影響による大雨で、無残にも多くの命が奪い去られた。愛する家族を失った人は「救えなかったのか」と後悔を募らせている。最初の台風の上陸から12日で1カ月。台風19号に伴う豪雨による土砂崩れが相次いだ相模原市緑区。同区牧野に住む佐々木睦(むつお)さん(67)と妻定子さん(当時63歳)は崩れてきた土砂に家ごと流された。定子さんは発生から1カ月を目前にした10日に遺体で見つかった。睦さんは行方不明のままで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング