入管難民法違反で日本とベトナムの2容疑者を逮捕 不法残留外国人51人摘発 

毎日新聞 / 2019年11月12日 22時6分

就労資格のない外国人を派遣して工員として働かせたなどとして、三重県警は12日、亀山市関町会下、自動車部品組み立て請負会社経営、佐藤俊彦(58)▽ベトナム国籍の鈴鹿市国府町、自動車修理販売業、グエン・バン・ミン(46)の2容疑者を入管難民法違反(不法就労助長)容疑で逮捕した。この事件を巡り、同県警は外国人51人を同法違反(不法残留)などの容疑で摘発した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング