八戸女児切りつけ なぜ中学生が 保護者ら戸惑い

毎日新聞 / 2019年11月14日 8時29分

青森県八戸市の路上で帰宅途中の小学生の女児が首を切られた殺人未遂事件は、急転直下、市内に住む中学生の少年(14)が容疑者として逮捕された。事件から一夜明けた13日、女児の通う小学校の保護者らは、安堵(あんど)の声をあげつつ、容疑者が中学生だったことに一様に戸惑いの表情を見せた。一方で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング