ビルから鉄パイプが落下 通行人の男性重体 和歌山

毎日新聞 / 2019年11月19日 11時29分

19日午前8時20分ごろ、和歌山市十三番丁の12階建て雑居ビルで「落下物が通行人に当たり、負傷している」と近くの男性から119番があった。消防隊員が、頭から血を流して路上に倒れている男性を発見し、病院に搬送した。男性は意識不明の重体。近くに、屋上から落下したとみられる鉄パイプ(約1・5メートル)が落ちていた。和歌山県警和歌山西署によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング