相続登記怠ると罰則、所有権放棄制度の創設も 所有者不明土地対策で中間試案

毎日新聞 / 2019年12月3日 19時32分

法制審議会(法相の諮問機関)の民法・不動産登記法部会は3日、所有者不明土地問題の解消に向けた制度改正に関する中間試案の概要をまとめた。相続登記を義務付けて怠った場合の罰則を設けるほか、所有権の放棄を可能とする制度を創設することなどが柱。部会がさらに検討を加えた上で年明けに意見公募を実施し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング