写真

倉庫のいけすに沈めていた漁師籠。網の籠の端部分(左)が切られイセエビが取り出されていた=宮崎市の青島漁港で2019年12月3日午後1時53分、塩月由香撮影

宮崎市の青島漁港周辺で特産のイセエビの盗難が相次いでいる。1日朝までに2晩続けて計約60キロ(約180匹)が倉庫から持ち出された。正月に向け高値がつく時期で打撃は大きく、漁師らは交代で見張るなど眠れない夜が続く。1日に被害届を受けた宮崎県警宮崎南署は窃盗容疑で捜査している。被害に遭ったのは宮崎市漁協所属のイセエビ漁師の約半数にあたる約10人。一時保管している漁師共同管理の倉庫から盗まれた。漁師らによると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング