藤原浩氏 山口・萩市も解任 ふるさと大使 相次ぐ金銭トラブル発覚で

毎日新聞 / 2019年12月11日 10時2分

金銭トラブルが相次いで発覚したとして、山口県萩市は10日、フードアナリストの藤原浩氏(55)を萩ふるさと大使から解任したと発表した。藤原氏は茨城県内の食品会社に対し、本を出版して会社の製品を宣伝する対価として108万円を受け取ったが、十分な説明をせずに書籍の発行中止を通知。東京簡裁は8月に未返還の約60万円の支払いを命じた。また11月には、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング