「いつか元の姿に…」 首里城、立ち入り区域拡大 焼け崩れた様子間近に

毎日新聞 / 2019年12月12日 11時32分

10月31日の火災で正殿などが焼失した那覇市の首里城で、火災後立ち入りが禁止されていた区域の一部が12日、開放された。正殿や北殿、南殿があった中心部エリアの手前まで入ることができる。観光客や修学旅行生らは焼け跡を眺め、沈痛な表情を浮かべていた。首里城公園を指定管理する沖縄美(ちゅ)ら島財団は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング