「不当判決だ」原告怒りの声 ビキニ国賠訴訟、高松高裁が1審支持 

毎日新聞 / 2019年12月12日 22時39分

12日に高松高裁であったビキニ水爆実験を巡る国家賠償請求訴訟の控訴審判決は、1審に続いて原告敗訴となった。原告は「不当判決だ」と怒りの声を上げた。【松原由佳、潟見雄大、喜田奈那】この日、傍聴席には今月5日に死去した原告団代表、増本和馬さん(83)の遺影を抱えた長男克史さん(53)と妻美保さん(78)の姿があった。「長い間苦しめられ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング