準強制性交等罪控訴審 19歳娘を精神鑑定の医師「精神的、心理的に抵抗できず」 名古屋高裁

毎日新聞 / 2019年12月13日 18時19分

抵抗できない状態だった当時19歳の実の娘と性交したとして準強制性交等罪に問われ、1審・名古屋地裁岡崎支部で無罪判決を受けた40代の男性被告の控訴審公判が13日、名古屋高裁(堀内満裁判長)であり、娘を精神鑑定した女性医師を証人尋問した。検察側の請求。医師は今年7、8月の面接の結果として「幼少期からの性的暴力など不適切な養育環境によって、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング