「海を殺すな」辺野古土砂投入1年 反対の市民ら海上から抗議活動

毎日新聞 / 2019年12月14日 18時14分

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設計画で、政府が名護市辺野古沿岸部に土砂投入を始めてから1年となった14日、埋め立て工事現場周辺の海上では、辺野古移設に反対する市民らがカヌーや船から「土砂を入れるな」「美(ちゅ)ら海守れ」と抗議の声を上げた。米軍キャンプ・シュワブ南側の海域で埋め立て工事が進んでおり、現場では土砂を積んだトラックが行き交う様子が見られた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング