「もっと愛して」 つくばみらい市、市民の地元愛不足に危機感 茨城

毎日新聞 / 2019年12月15日 12時15分

地元に愛着や誇りを持ってもらおうと、茨城県つくばみらい市が市民を対象としたキャンペーンを展開している。つくばエクスプレス(TX)沿線の同市は、交通の利便性を背景に人口が増えているが「地元愛が弱い」と分析。まずは市民がモデルのポスターを製作し、地元愛の醸成を図っている。【宮田哲】地方の自治体のキャンペーンは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング