伊方原発3号機、定期検査中にまたトラブル 燃料集合体がラック枠に接触

毎日新聞 / 2020年1月20日 22時23分

四国電力と愛媛県は20日、定期検査中の伊方原発3号機(同県伊方町)の使用済み燃料プール(放射線管理区域内)で、燃料集合体(約680キロ、長さ約4メートル)をクレーンでつり上げて点検用ラックに挿入する際、誤ってラックの枠に接触するトラブルがあったと発表した。接触により燃料集合体の落下を知らせる信号が発信されたが、確認したところ落下していなかった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング