車掌が仮眠から起床できず 列車遅れ300人に影響 JR仙山線

毎日新聞 / 2020年1月22日 15時49分

21日午後5時ごろ、JR仙山線山形発仙台行きの上り普通電車に乗務する予定だった20代の女性車掌が仮眠から起床できず、電車が定刻より16分遅れて発車するトラブルがあった。JR東日本仙台支社によると、車掌は山形駅構内の休憩室で仮眠した際、携帯電話のアラームを誤って1時間遅くセットしていたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング