「いじめ、闇に葬った」 府中市に賠償命令 学校対応、一転し違法認定 東京高裁判決

毎日新聞 / 2020年1月22日 20時24分

小学校在学中にいじめを受けていたのに校長や教諭に放置され、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したとして、20代の女性が学校の設置者である東京都府中市に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は22日、市に756万円の支払いを命じた。野山宏裁判長は「いじめ問題を封印して闇に葬った」と述べ、学校の違法な対応を認めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング