上告忘れられ服役、弁護士に賠償命令 大阪地裁

毎日新聞 / 2020年1月24日 22時58分

覚せい剤取締法違反罪で有罪となった男性が、弁護人が上告手続きを怠ったため服役を余儀なくされたとして、大阪弁護士会所属の男性弁護士に500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は24日、40万円の支払いを命じた。石上興一裁判官は「弁護人が上告を失念したとみられる」と指摘した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング