副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

毎日新聞 / 2020年1月26日 19時38分

全国の国公立大医学部教授ら少なくとも15人が2018年度、製薬会社から1000万円を超える講師謝金を受け取っていた。業界団体「日本製薬工業協会」に加盟する71社(関連会社含む)が公開した金額を毎日新聞が集計した。最多は2298万円で、講演を154回も引き受けていた。一般に国公立大教授の給与は年1000万円程度。本業以上の収入を禁じる大学もある中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング