空自スクランブル742回 19年4月~12月 前年同期比2.1%減も「高止まり」

毎日新聞 / 2020年1月29日 16時12分

防衛省は29日、昨年4~12月に航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した回数は前年同期比2.1%減の742回だったと発表した。防衛省は「引き続き高止まりの状況」としている。中国機は全体の7割を占め、同期比では過去2番目に多い523回だった。昨年10~12月の四半期の特異な飛行としては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング