国語は100分→80分 記述式見送りの共通テスト、新しい実施大綱発表

毎日新聞 / 2020年1月29日 20時21分

大学入試センター試験に代わって2020年度に始まる大学入学共通テストについて、国語と数学の記述式問題の導入見送りに伴い、文部科学省は29日、新たな実施大綱を発表した。昨年6月に発表した実施大綱では国語の試験時間は100分だったが80分に短縮した。数学Ⅰ、数学Ⅰ・Aは70分のまま変更がなかった。大学入試センターの担当者は国語の試験時間の短縮について「三つの小問でつくる記述式問題の大問がなくなったため」と説明した。一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング