相模原殺傷事件 植松被告の死刑が確定

毎日新聞 / 2020年3月31日 9時33分

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年、利用者ら45人を殺傷したとして、殺人罪などに問われた元同園職員、植松聖(さとし)被告(30)に対する1審・横浜地裁の死刑判決が31日、確定した。弁護人が判決を不服として東京高裁に控訴したものの、被告自身が控訴期限の30日に取り下げていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング